職人手彫りが人気

はんこ小さなはんこという存在とはいえ、職人手彫りともなれば紛れもない高級品です。ただ捺印を必要とするだけなら、100円均一で手に入れるはんこでも問題ありません。そこへきて、高額を費やすというのは少し違和感も覚えるかもしれません。ですが、それでもなお職人手彫りの逸品は人気を博しているのです。

金額は、材質によって大きく違ってきます。例としては、柘なら4,000円から、黒樺なら5,500円から、琥珀なら約10,000円、白檀はさらにそれ以上といった具合です。希少価値の高い象牙製に至っては、数万円にも上るほどです。選ぶ際には、慎重に検討することが欠かせません。

職人手彫りと機械による量産品には、もちろん違いがあります。たとえば、文字の繊細なニュアンスです。機械であれば、きれいではあるもののどこか味気ない印象です。また、製造時に残るバリのような彫くずがそのまま残るため、美しさに欠けます

一方手彫りなら、きれいな仕上がりの中にも、味わいがあります。とめやはらいの繊細なニュアンスも職人の技術で絶妙に表現されており、何とも上品に感じられるでしょう。もちろん、バリなどの余分な箇所はしっかりと取り除かれています。ちなみに、印鑑販売を行う“INKAN Direct”でも、手彫りはんこを取り扱っています。

はんこ購入の注意点